ナショナルリーグ第2戦 Cooクロカンカップ速報。

1日目
西風が強くなったため、競技キャンセル。
一部の選手は、フリーフライトしました。
お昼ひは、おいしい牛丼の差し入れをいただきました。
f:id:PG-Compe:20100320112415j:image f:id:PG-Compe:20100320110726j:image f:id:PG-Compe:20100320123927j:image


2日目
寒冷前線通過のため、競技はキャンセル。
半谷さん、岡田さんより、レスキュー開傘等に関する安全講習、宮田さんより明日のタスクに向けてのクロカン攻略セミナーを実施していただきました。
今日もお昼においしい差し入れをいただきました。今日のメニューは、きつね&月見うどんでした。ご馳走様でした。
f:id:PG-Compe:20100321111233j:image f:id:PG-Compe:20100321122005j:image f:id:PG-Compe:20100321122313j:image


3日目
湾内周回のあと、烏山ゴールを目指すクロスカントリータスク成立です。


西風強風の非常に厳しいコンディションの中、以下5名の選手が見事ゴールです。おめでとうございます。


ゴール者:大澤選手、宮田選手、塚本選手、長島選手、岩沢選手




成績表は、大会速報のページからどうぞ。


http://jpacompe.sblo.jp/


PCL第1戦 京の都カップ 大会レポート

開催地 : 京都府 南丹市&亀岡市 パラパーク京都
協力スクール:びわこパラグライダースクール、京北パラグライダースクール、TAKパラグライダースクール
主催:BIRDSパラグライダースクール 八木町観光協会
リポート : 大澤行英


<プロローグ>
 昨年初めての大会開催で成立していることから、チャレンジリーグの初戦にもかかわらず77名ものエントリーを頂きました。その参加メンバーの中には、大会初参加の方もおられました。チャレンジリーグでは大会が初めての方でも楽しんでいただける大会運営を目指しておりますのでうれしい限りです。


<2010年3月13日>
 一週間前から毎日のように変わる天気予報とにらめっこする日々が続き、大会初日は寒冷前線の影響を受けることになりました。風事態は良いのですが時折雨も降っていることから、本部で開会式、諸説明を行い、藤野光一講師によるチャレンジベーシックセミナーを行いました。大会初参加の方は勿論、多くの方にも理解が深まったようです。
f:id:PG-Compe:20100313102329j:image f:id:PG-Compe:20100313130200j:image
セミナー終了後は雨がやんだことからテイクオフへ。しかし、競技そのものは寒冷前線の影響を受けるためキャンセルとなりました。フリーフライトで半数ほどの選手が飛ばれましたが、寒冷前線の接近により、他の方は勇気ある撤退となりました。


 夕方6時からのパーティーは協賛企業様「アニー商会ラーメン」「男前豆腐」「メグミルク」「和食さと」のご提供素材をBIRDSスタッフが丹精込めて作るおいしい手作りの料理がふるまわれ盛大に行われました。
f:id:PG-Compe:20100313184314j:image f:id:PG-Compe:20100313185741j:image f:id:PG-Compe:20100313185831j:image
f:id:PG-Compe:20100313194522j:image f:id:PG-Compe:20100313190220j:image f:id:PG-Compe:20100313192258j:image


<2010年3月14日>
 天気は最高、朝の気温は低く、その後急激に暖かくなる予報です。風向きは裏風となる北東ですが、予報で見る限り弱いので対流が起これば良いコンディションになると期待されました。選手の皆様も気合が入っているようで、ずいぶんと早い時間から受付前に列ができました。


 そしてテイクオフに着くと、まずは予報通りの裏風。10時過ぎになり対流が起こり始めると向かい風となりフリーフライトの方もソアリングが可能になりました。でも、まだまだ競技をするにはタイミングは早いです。タスクコミッティー間で何度も協議を重ね、またブリーフィングで選手と意見を交わし、じっくりと待って12時20分、オープンクラス43キロ、12時50分チャレンジクラス33キロのエラップスレースが始まりました。タスク内容は尾根上往復2回、三角パイロン2周で最北端のパイロンを取った後、南へ約7~9kmキロ先のゴールへのファイナルグライドです。
f:id:PG-Compe:20100314150723j:image f:id:PG-Compe:20100314143006j:image f:id:PG-Compe:20100314154603j:image
f:id:PG-Compe:20100314122535j:image f:id:PG-Compe:20100314122847j:image f:id:PG-Compe:20100314123111j:image
 基本的に裏風でリーサイドとなるため、荒れている時間帯もありましたが選手たちはファーストサーマルをヒットすると一気に上げていきます。パラの蚊柱ができ、デパーチャーオープン時間とともにレースがスピーディーに展開されます。今年のオープンクラスはナショナルのトレーニングやトップリーグを意識し、ナショナルリーグへの架け橋となる大会を目指すという、オープンクラスの趣旨通りの展開です。ファーストグループ、セカンドグループがしっかりと形成されどんどんと距離を伸ばしていきます。常にレースを引っ張ったのがナショナル常連の高杉選手。早々と最北端のパイロンを取りリターンします。少し遅れてやはりナショナルの選手が続きます。そして、高杉選手は他を引き離してゴール。少し遅れて集団がゴール。シリアルクラスの選手もチャレンジの選手も負けてはいません。すぐ後にどんどんとゴールに向かっていきます。シリアルクラスでは、ベテランの山本選手、チャレンジクラスでは、JPA大会初参加の植村選手がみごとトップでゴールを果たしクラス別優勝となりました。女性の部においては田前英代選手、高橋苗月選手、榊原怜奈選手、原良江選手がゴールされ、女子のレベルアップがうかがえました。おめでとうございます。最終的にオープン20名、チャレンジでは6名のゴールとなりました。ゴールされた皆様おめでとうございます。また、残念ながらゴールできなかった選手たちも「とても楽しかった」と、とても満足そうでした。
f:id:PG-Compe:20100314151723j:image f:id:PG-Compe:20100314152502j:image
 表彰式を終えたのが7時を過ぎてしまいましたが、選手全員で入賞者をたたえ、スポーツマンらしい非常に良いムードとなりました。皆様遅い時間までありがとうございました。

f:id:PG-Compe:20100314191312j:image f:id:PG-Compe:20100314191552j:image f:id:PG-Compe:20100314191855j:image
f:id:PG-Compe:20100314192630j:image f:id:PG-Compe:20100314192828j:image
f:id:PG-Compe:20100314192334j:image f:id:PG-Compe:20100314193118j:image


今回の大会開催にあたり、たくさんのご協力ありがとうございました。
f:id:PG-Compe:20100314194124j:image




タスクログ


オープンクラス
総合TOP3、シリアルTOP3、女子の部TOP3


チャレンジクラス
ゴール者6名


PCL第1戦 京 の都カップ速報

オープンクラス43キロ、チャレンジクラス33キロのタスクを発表。
オープンクラスを12時20分に、チャレンジクラスを12時50分にウィンドウオープン。
7キロ先の川原ゴールにオープン20名、チャレンジも6名がゴールメイク。大成功でした。
各クラスの優勝者は下記の通りです。おめでとうございます!


<オープンクラス>


総合:高杉慎吾選手、シリアルクラス:山本雅史選手、女子の部:田前英代選手、


チーム戦:チームえびふりゃあ


<チャレンジクラス>


総合:植村康司選手、女子の部:伊藤まり子選手、チーム戦:今井浜2010



f:id:PG-Compe:20100314124203j:image



成績表は、大会速報のページからどうぞ。


http://jpacompe.sblo.jp/


JPAエコ活動へご協力のお願い

大会ご参加のみなさんへ
今年からJPA各大会のパーティでは、エコをキーワードに取り組みを行っていく予定です。
まずは、パーティご参加にあたり、
マイ箸、マイ皿、マイカップのご持参をお願いしていきます。
毎回、大会でのパーティでは、大量に使い捨ての割り箸、紙皿、紙コップを消費しております。
現在の環境問題の観点からも望ましいことではなく、
また、大会主催者の負担を軽減する意味でも、
ぜひとも皆様にご理解とご協力をお願いしたいと思います。
パラグライダーは、一切の動力を使うことなく空を飛ぶことのできる究極のエコ飛行。
マイ箸、マイ皿、マイカップを持参して、あなたもエココンペティターに!


2009年PWC選手育成基金収支報告

JPA正会員スクール、パイロットの皆様の応援Tシャツ購入、ご協力ありがとうございました。
皆様のご協力により2009年はPWC韓国プレPWC中国へ選手を送り出すことができました。


f:id:PG-Compe:20090429123518j:image f:id:PG-Compe:20090529105506j:image


2010年は日本国内のPWC八方尾根PWC中国とアジアラウンドで2戦が予定されています。
JPAでは世界へチャレンジしたい選手を応援します。高いモチベーションを持った選手を自薦他薦問わずお待ちしております。


[2009年PWC選手育成基金収支報告]


f:id:PG-Compe:20100316010411j:image


※支出詳細


(1)2009年PWC韓国選手派遣


2009年PWC韓国へ2名の選手派遣を考えていたのですが、最終的に19名がセレクションされたため、対象選手を2名に絞り込むことが難しい状況となりました。そのため、19名のJPA選手団遠征費として、ソウル空港から大会開催地Mungyeonまでの交通費(バスチャーター代)として支援することとしました。


8000円×19人 1152000円


(2)2009年プレPWC中国選手派遣


以下の5名の選手渡航費(航空チケット)を支援しました。


1小林泰(エアパークCOO)
2青木翼(浜名湖PGS)
3前堀善斗(白馬八方尾根PGS)
4吉田功(パラパーク青木)
5三浦亜津子(KPS)


渡航費合計 284035円