セーフティートレーニング 初日 10/13(土)

                   レポート:びわ湖スカイパーク 藤田 有希美
今年も始まりましたセーフティートレーニングは天候に恵まれ初日から快晴。
前日までの強風と高波は収まりセミナー日和になりました。

全国各地から集まった参加者の方々は早朝から熱い思いを胸に集合、予定より早くスタートすることが出来ました。

早速講師陣からの挨拶とこのトレーニングの目的が話され本題に入ります。

今年の新しいテーマは「高度損失の管理」です!
一度や二度、セーフティートレーニングを受けただけでは決して習得することが出来ない事を念頭に置きながら、高度損失を管理することで回復操作になるのか、レスキューパラシュートを判断するのか、とても大事なところです。
トレーニングを受講したからといって最後まで回復操作にこだわるのでなく、レスキューパラシュートを決断するタイミングが遅れないことが重要になります。

そして全ての基本になる基礎のピッチングからさらにグライダーの動きを紐解きます。
この大事な三要素を理解することでそれぞれのビックマヌーバーへつなげていきます。
予定時間いっぱいまでパワーポイントによる沢山のデータを見ながら学び、イメージをつくり、いよいよ実技へ出発です。

テイクオフは今年に拡張整備が行われ、今までのプレッシャーはずいぶんとなくなり快適になりました。
でもさすがにこれからビックマヌーバーに挑戦する皆さんは緊張高鳴り、再度講師からレクチャーを受け、イメージをより明確にしフライトに挑みます。
絶好のコンディションでビッグマヌーバーをしても高度が下がりません。
何度もチャレンジし、グライダーの動きと朝に受けた講義の内容をリンクさせていきます。
初参加の方々は緊張されていましたが、それぞれの課題を次々にこなし充実したフライト内容になっています。

午後からは予定の2~3本目でランディングと海上の風速がアップ、さらにうねりが高くなり船がキャンセルとなりました。
フライトもキャンセルですぐに研修施設のまいまいハウスに戻りビデオ解析に入ります。
疲れが出る頃ですが、すぐにフィードバックをすることでより理解を深め、明日へのトレーニングにつなげます。

また、夕食後はハーネスセッティングでよりコントロールしやすいところを目指し、夜遅くまでレクチャーが続きました。
明日は7時半からトレーニングは始まります。



インストラクター検定会 9/11-12 エアパークCOO

今季の受験者は少人数だったものの、予定通りインストラクター検定会を開催しました。残暑の厳しい2日間でしたが、グランドスラローム、50mのユマーリング、講習実技など暑さに関係なくすべての検定科目を実施しました。

JPAではパイロットのみなさまに信用していただけるインストラクターの育成に今後も尽力してまいります。


JPA巡回コーチング 9/9(日) サンライフパラグライダースクール(宮城県オニコウベ)

 朝、濃い霧が立ち込めていたオニコウベも机上講習が終わるころには花立のテイクオフが姿を見せだしさっそくシャトルに乗車しました。朝の机上講習では昨日の復習、そして今日のテーマを再確認しました。
 
 花立のテイクオフには程よい風が入っており、みなさん積極的にフライト開始です。ランディング上空に来たパイロットから、ロールイン、バンク維持、ロールアウトにこだわり基礎技術練習。すべての演技はビデオに収めました。ソアリングできるようになると気流の変化、ピッチの3要素を感じながらフライト。環境、態位によりできる操縦できない操縦が決まります。

 コンディションは1日よく、今日もみなさん3~4本フライト。普段なにげなく行っているフライトも細かいところまでこだわってみることで、みなさん色々な発見があったようです。フライト後はシャトルに乗るまで、常に質疑応答。非常に熱心に取り組まれていた姿が印象的でした。

 15時過ぎ雨がパラつきだしたところで今日のフライトは終了。講義室に戻り、ビデオ解析。今回のテーマを今一度クリアにしたところで、巡回コーチング2日間の日程は終了しました。
 今回は小野寺校長からの発案でオニコウベではじめて巡回コーチングを開催させていただきました。今後もJPAスクール、パイロットのみなさまに感謝されるような活動を協会として行ってまいります。ご参加いただいたみなさん、サポートしていただいたスタッフのみなさん、ありがとうございました。また、ぜひオニコウベの空でお会いできればと思います。

主催:サンライフパラグライダースクール
講師:岡田 直久
協力:日本パラグライダー協会



JPA巡回コーチング 9/8(土) サンライフパラグライダースクール(宮城県オニコウベ)

9月8日(土)
オニコウベに来るたびに20年前のインストラクター検定会を思い出します。160名の受験者が体育館に一同に会した検定会はあとにも先にもこれが最後です。
その思い出の地、オニコウベでサンライフパラグライダースクール主催のセミナーを開催することとなりました。
天気予報ではやや強めの風が心配されましたが、小野寺校長からは「今日は一日大丈夫でしょ」と心強い一言。さっそく実技練習を想定した机上講習からスタートしました。まずは最近の事故の傾向。事故は心理的な要因によるものと、技術的な要因に分けられます。どちらも事故を減らすうえで考慮しなければなりませんが、今回は積極的に技術向上に努めることにしました。
パラグライダーを操縦するうえで知っておかなければならないこと。そのなかからテーマを絞り、今日の実技テーマを決定しました。テーマは「スロープ8」。普段行っていることですが、目標をはっきりさせ、ロールイン、ロールアウトにこだわってみると色々なことが見えてきます。体重移動、姿勢、ブレーク操作・・・発見がありました。
ロケーション最高の花立テイクオフから飛び立ち、気流の変化を感じながらソアリング、そして前に出てきてスロープ8を徹底練習です。校長の言われた通り、一日グッドコンディション。高度差の大きなエリアのポテンシャルを活かし夕方までたっぷり練習することができました。
フライト後はビデオ解析。そしてハーネス調整。理解を深め明日のテーマも決まったところで初日を終了しました。
明日もオニコウベです。

レポート:岡田 直久





パラグライダー体験学習・朝霧2012 無事終了

毎年、ゴールデンウィーク明けのこの時期、朝霧ネイチャーランドを中心に周辺のJPAスクールが協力しあって朝霧に訪れる修学旅行のみなさんのパラグライダー体験を行っています。

今年で早7年。昨年は震災後ということもあり、関東方面に修学旅行に来られる学校もほとんどありませんでしたが、今季は600名近くの生徒さんにパラグライダーをしてもらえました。

協力スクール:
朝霧ネイチャーランド(静岡県)
今井浜フライングスクール(静岡県)
パラパーク青木(長野県)
X-ZONE白根パラグライダースクール(山梨県)
KPSパラグライダースクール(長野県)
エアパークCOOパラグライダースクール(茨城県)
グランボレパラグライダースクール(群馬県)
スカイ獅子吼パラグライダースクール(石川県)
ウイングキッス朝霧(静岡県)

ご協力いただいたスクールのみなさま、ありがとうございました。


たくさんの中学生の笑顔から元気をもらいました!