水辺でのフライトにあたって No.2

昨年の秋から琵琶湖でボートトーイングによるスクールを開始したびわ湖スカイパーク、スカイエリア京北では、事前に着水を想定したトレーニングを行なっています。その一部をご紹介いたします。動画はタンデムでの着水、そしてその救助の模様です。トレーニング後、改良を重ね、最善の装備でフライトを行なっています。


水辺でのフライトに関して

これからの季節、海岸沿いや水辺でのフライトの機会も増えることと思います。

安全フライトの一環として、JPAとしましては、通常のフライトの際のツリーランセットの携帯と同様に、水辺でのフライトの際には、救命胴衣の着用を推奨します。毎年開催しているセーフティートレーニングの際には、首掛け式やベルト式など様々なタイプの救命胴衣の使用実績があります。

着水前にハーネスのバックルを外すし、ハーネスで浮かんでいることも可能ですが、これには練習が必要です。もちろん、着水トレーニングを実施することも可能です。定期的にこのようなトレーニングを開催しているスクールもあります。

また、着水に備えて救助体制は整っているでしょうか。スクール、エリア管理としては重要です。

山飛びとは違い、海岸沿いでは強めの風を利用してのフライトが多くなります。風が強ければ強いほど「吹き抜け」「ローター」などの度合いは強くなります。安定した海風とはいえ、注意点を良く理解したうえでフライトすることが必要です。風が強いからグライダーのサイズを下げるということに関しても良く考えなければなりません。

強風時のランディングアプローチの理解も重要です。偏流飛行の有効性は「タンデムフライトブック改訂版」にもわかりやすく記述してありますので是非ご利用下さい。

水辺での事故は過去にも発生しています。過去の事故を無駄にしないよう、取り組みをしていく必要があります。ご協力のほど、よろしくお願いします。ほか、効果的な対策、ご意見などありましたらお知らせ下さい。

日本パラグライダー協会 安全普及事業部


事故対策会議&スクールミーティング


今年も事故対策会議を開催させていただき、全国各地より多くのスクール関係者の方々にお集まりいただきました。
JPAとしての事故対策への取組みがハッキリとした形で現れ、事故減少が実現されています。これも、各スクールの事故対策への真摯な取組みの賜物であると思います。安全教育事業部・普及事業部としても皆様のお力になることができていると実感でき、嬉しく思います。
しかしながら、減少しているとはいえ事故は発生しています。その事故をさらに減らしていくための取組みを続けていきましょう。

今回は、事故データの分析とともに、「海外でのパラグライダーの楽しみ方」や「グライダーズチェック」に関しての理解を深めるための時間をとらせて頂きました。他にも多くの有益な情報をご紹介、ご提案頂き大変有意義な時間となりました。
グライダーは定期的にチェックし、メンテナンスしてあげることで結果的に、長い間良好な状態で使用する事ができます。
「なんかおかしいかな?」と感じてから、その確認をするのではなく、早めにグライダーチェックをし、常に良好な状態のグライダーでフライトを楽しみましょう。

他にも、最近ではスマートフォンの無料アプリを利用した様々な楽しみ方が広がっています。そしてそれらの中には、安全につながるようなものもあります。それらの情報は各事業部からもご紹介させていただきますのでブログ・Facebookなどご覧ください。

今年もフライヤー皆様が、安全にパラグライダーを楽しんでいただけますように。

安全普及事業部 前堀善斗


会場:富士山YMCA

担当:安全普及事業部、教育事業部
講師:前堀善斗、岡田直久、佐藤哲也、辻強、佐藤良太、宮田歩、谷田重雄、関沢孝之(講義順)