日本パラグライダー協会

会員の皆様からお寄せいただいた「ひやっとしたこと(インシデント)」を分類し、分かりやすくご覧いただけるようにしました。スクール様だけでなく、一般フライヤーの皆様にもぜひご覧頂き ご自身の安全フライトにお役立てください。

ひやっとノートフォーム

レッグベルト締め忘れ、脱落防止システムのおかげで大事に至らず

【発生日】2016年12月19日
【発生時間】11:00~
【パイロットレベル】エキスパート
【天候状況】晴れ
【風速】2~4m/s
【状況】サーマル発生
【内容】
テイクオフの準備完了し、風具合をみながらタイミングを図っていたところ、隣で準備していたパイロットのラインとライザーが絡んで手こずっていたので手助けしようとレッグベルトを外し、ハーネスを脱ごうとしたところラインの絡みが解けたので、フライトデッキを再び装着してテイクオフ態勢に。
レッグベルトを外したことを忘れ、そのままテイクオフ。
少し違和感を感じたが乗り慣れていない新型ハーネス(Aerotact Soyo エムシライト)であったため足を入れるのにちょっとだけ手こずったが問題なくフライト。
2時間ほどソアリングし、通常(体が少しずり落ちた感じがしたが)どおり着陸して、ハーネスを脱ぐ際にレッグベルトを締め忘れたことに気が付いた。しっかりした脱落防止システムに助けられたが、態勢次第ではもっとひどい状況になっていたかもしれない。初めての経験。
エムシライトの脱落防止システムに感謝!

【考えられる要因】
うっかりミスなのだろうけれど、このような状況は何時起こっても不思議ではない。最終的に離陸を決断したら、走り出す直前の、必要最小限度のチェック事項を定め実行すべきかもしれない。
マンネリ化してきた「ベルトよし、無線チェック....」を確実に励行するか、そのあとにもう一度
1.レスキューグリップ確認
2.カラビナ確認
3.ハーネスベルト確認
4.・・・・・


2016/12/19

スパイラルからの離脱失敗

【ひやっとしたこと】ツリーランディング
【発生日】2016年3月29日
【発生時間】11:00~
【パイロットレベル】エキスパート
【天候状況】晴れ
【風速】5m/s
【状況】強いサーマル発生
【内容】
大きな上昇気流帯から降下しようとスパイラル降下中に、遠心力で顔が上向きに張り付け状態となり、慌てて操作した結果、大きなサーチ後に全潰れを起こし、数本のラインが上面側を回ってしまいキャンディー状態となってしまった。
この時の高度が地面から500mくらいはあり、バランスを取れば飛行可能なようだったので、誘導でテイクオフの斜面上空へ移動させて、もう少し高度が下がったところで、レスキュー開傘してツリーラン。

【考えられる要因】
大きな上昇帯で上昇を続けていたので、知識不足からの怖さや不安感から、慌てた気持ちでいた。
その為、初めて経験する高速のスパイラルへ入れてしまった。
離脱方法は経験していたが、慌てた心境では正しい操作ができていなかった事も考えられる。

(環境要因)ツアーで行った慣れないエリアだったので、上昇帯のイメージができなかった。

(影響要因)本人がイメージできない状況の中で、焦ってスパイラルへ行動を移した事。

(ヒューマンファクターズ)慣れないエリアでの初めての経験で、知識の応用ができなかった事、不安な気持ち、技術の不足


2016/03/29

失速によりツリーランディング

【発生時間】 11:00~
【パイロットレベル】 エキスパート
【天候状況】 快晴
【風速】 3~4m/s
【状況】 サーマル発生
【内容】
斜面に沿って約30m上空をフライト中、急なサーマルでピッチアップ後のサーチの時に、ブレークを引くタイミングが速く、さらにアクセレーションに移ってもブレークをリリースするのが遅れて失速してそのまま低い雑木やブッシュへ不時着。

【考えられる要因】
揺れる翼をいつでも引いて処理しようとするクセがあり、飛行方向に合わせた操作を理解はしているものの、急な大きな揺れに対しては、どうしてもクセが出てしまう。

サーチの動きに対しての怖さに対応できるように、よりピッチングの練習によりサーチに体を慣すように促して行く。


2015/01/11

偏流強風時のキャノピーの潰れ及びアウトランディング

【発生時間】 14:00~
【パイロットレベル】 エキスパート
【天候状況】 快晴
【風速】 7~8m/s
【状況】 強いサーマル発生
【内容】
サイド強風時のフライト。
テイクオフからランディングに向かってへ偏流飛行していたが、サーマル混じりの中、一時的に強風が吹き荒れ、緊急ランディング目標に決めた場所から150m風下に流され、上空100mで片翼の潰れが連鎖し、高度を落とし、さらに風下の空き地へソフトランディングした。

【考えられる要因】
気象の変化の認識不足。
飛べるという根拠のない自信。


2014/05/11

C3・B3ディセント使用ミス

【発生時間】 15:00~
【年齢】 38才
【性別】 男
【経験年数】 15年
【パイロットレベル】 エキスパート
【年間フライト日数】 ~100日
【天候状況】 曇り
【風速】 3m/s
【状況】 サーマル発生
【内容】
今までぶっ飛びだったコンデションが急に南風のコンバージェンスが発生して風が強くなり、降りてこない状況になりました。
最初はアクセルを踏んでB3ラインを引いて、高度を下ろそうとしたがストールに入ったので、止めて落ち着いてから、アクセルを踏んで、C2ラインと引いてストールに入って今度はツイストしたのでレスキューパラシュートを投げて、道の近くの木と電線に引っかかりました。本人は怪我無し、グライダーとその他装備も大丈夫でした。

【考えられる要因】
B3ディセントとC3ディセントを思い違いをしたようです。よく飛んでいるパイロットでグライダーのラインの問題がある可能性もある。

翼端折り(ディセント)の仕方を明確にする必要がある。グライダーによって引くラインが違うので間違えないように教える。

どのグライダーでできるかできないか(推奨するかしないか)を明確する必要がある。


2014/02/03