日本パラグライダー協会

会員の皆様からお寄せいただいた「ひやっとしたこと(インシデント)」を分類し、分かりやすくご覧いただけるようにしました。スクール様だけでなく、一般フライヤーの皆様にもぜひご覧頂き ご自身の安全フライトにお役立てください。

ひやっとノートフォーム

選択されているタグ : ツリーラン

タグを絞り込む : アプローチミス スピン プレフライトチェック レスキュー開傘 失速 潰れ 空中接触 講習高高度フライト

ツリーランディング後・・・

【発生日】2017年3月12日
【発生時間】13:00~
【パイロットレベル】エキスパート
【天候状況】晴れ
【風速】2m/s
【状況】サーマル発生
【内容】
ツリーラン回収でのことです
昼過ぎにツリーランの一報を聞き回収に向かいました。
現場につくと20mぐらいの杉の木3本にキャノピーが引っかかり、パイロットは地上高10mでポッドハーネスに足を伸ばした(通常飛行状態)でセルフビレーをして待っていました。
声かけしながらパイロットレベルまで木を登ってびっくりでした。ゲットアップシステムのバックルが外していて、木の幹にプルージックしたスリングに取り付けたロープを手で握っているだけのような状態で1時間近く待っていたようです。
これではハーネスから体が落ちたら怪我ではすみません。
すぐにハーネスのバックルを付けてもらい、速やかにこちらから持ってきたロープで確保しました。
あとは教科書どおり、カウンターラッペルで救出できました。
今思えば、だんだん話している声に元気がなくなってきていたのがおかしい前兆だったのですね。

【考えられる要因】
ツリーランしてしまってから後悔しても仕方がないのですが、ベテランほどプライドが高く救助がくるまでに自分でできることをしようとするものです。しかし、木にぶら下がった不安定な状況ではよっぽどの熟練度がないと正常な判断はできないものなのです。
幸いなことに、途中で本人もおかしいと気づいたので自分の力で降りなかったのでおおごとにはならなかったのです。しかし、現場で救助に来た人にそのことを言わなかったのはずるい気がしますが、逆に、もしおかしいから直して!っていったら木の上でパニックになって最悪なケースになったかもしれないですね。
対策:一年に最低限1回はツリーラン講習会に参加する。10年以上前のツリーランの道具は廃棄して新しいのを購入する。


2017/03/12

尾根の裏側にこぼれてしまい、ツリーランディング

【発生日】2015年12月3日
【発生時間】13:00~
【パイロットレベル】パイロット
【天候状況】晴れ
【風速】2m/s
【状況】サーマル発生
【内容】
尾根をはさんでランディングの反対側をフライト。結局、尾根を越すことができずツリーラン。

目的地まで2時間以上の行程。パイロットを救助した時点で日没1時間前。グライダーは残置で、ショップに帰ることに。ヘッドライト、GPSを頼りに日没後も歩き、20時に車道で地上班と合流。

【考えられる要因】
長時間フライトによる集中力の低下。

自分の意志でフライトすることができずに、人のあとを追いかけてしまったフライト(パイロットの技量)。

自己脱出が出来る技量はなく、脱出のための装備が不十分であった。


2016/12/03

潰れ→旋回→ツリーランディング

【発生日】2016年11月18日
【発生時間】14:00~
【パイロットレベル】パイロット
【天候状況】快晴
【風速】1m/s
【状況】穏やか
【内容】
風向きが左ザイドでのフライトでした。

テイクオフ(やや左方向)後、少しして翼がつぶれ旋回して林に引っ掛りました。

【考えられる要因】
左サイドの風で飛ぶさいはコースを指定していましたが
今回はコースを外れてフライトしていた。

本日3本目のフライトでした。

2本目も翼がつぶれまわって回復していたらしい。(他のパイロットの話)

本人の適正をチェックします。


2016/11/18

空中接触

【発生時間】 13:00~
【パイロットレベル】 パイロット
【天候状況】 晴れ
【風速】 2m/s
【状況】 サーマル発生
【内容】
リッジソアリングとセンタリングするグライダーが混在する空域。下からセンタリングして上がってきたキャノピーにリッジソアリングしていたパイロットが包まれる。下のパイロットがパラシュート開傘。まもなくツリーラン。ケガ、グライダーの損傷とも双方ともなし。

【考えられる要因】
どちらかが見ていれば避けられたインシデント。
空域の注意点を認識不足。


2015/12/12

失速によりツリーランディング

【発生時間】 11:00~
【パイロットレベル】 エキスパート
【天候状況】 快晴
【風速】 3~4m/s
【状況】 サーマル発生
【内容】
斜面に沿って約30m上空をフライト中、急なサーマルでピッチアップ後のサーチの時に、ブレークを引くタイミングが速く、さらにアクセレーションに移ってもブレークをリリースするのが遅れて失速してそのまま低い雑木やブッシュへ不時着。

【考えられる要因】
揺れる翼をいつでも引いて処理しようとするクセがあり、飛行方向に合わせた操作を理解はしているものの、急な大きな揺れに対しては、どうしてもクセが出てしまう。

サーチの動きに対しての怖さに対応できるように、よりピッチングの練習によりサーチに体を慣すように促して行く。


2015/01/11