トップページ JPAカレンダー リンク サイトマップ お問い合せ
トップページ > 安全普及事業部 > グライダーズチェック
 
グライダーズチェック
申し込みとチェックの流れ
点検の手順と詳細
料金
 

 ■JPAのパラグライダー定期点検 ・ GLIDERS CHECK

 グライダーズチェック申し込みとチェックの流れ

JPA会員スクールに「グライダーズチェック」を申し込む。
「①完全チェック」、か「②簡易チェック」を選択
JPA会員スクールからチェックセンターに依頼品を送付 。
チェックセンターでグライダーをチェックします。


現在、下記のスクールがチェックセンターとなり、グライダーチェックを行っております。

グランボレ パラグライダースクール
パラグライダーパーク青木
エアパークCoo
パラライフ北海道
スカイブルー八方尾根パラグライダースクール


 点検の手順と詳細

1.キャノピーの空気透過率測定
キャノピーの空気透過率測定はまずもっとも傷みやすいセンターの上面、エアインテークから30〜40cmほどのところを最初に測定します。

JDCの測定器で限界値は大体30秒といわれますが、上面のこの部分だけが顕著に低い値を示すこともあります。基本的な考え方としては、上面の3箇所と下面の1箇所を測定していきます。そして、もっとも悪い値のところがあれば、その値が評価の基準になります。
Aランク : 50秒以上・・・良好な状態
Bランク : 30秒以上、50秒未満・・・1年ごとのチェックが必要
Cランク : 30秒未満・・・フライトに適さない
キャノピーの空気透過率の限界値は使用素材によって若干異なり、またキャノピーはさまざまな素材が用いられているために、新品の数値も異なります。ガルベノールでは800秒以上で、ポルシェマリンでは300秒程度といった具合です。基本はこの30秒が限界値です。そのため例えば見た目がかなり傷んでいるなというグライダーの場合、まずセンターの上面と下面を計測し、一方でも30秒未満ならこのグライダーは寿命と考えられます。その場合は点検を中止します。

2.ラインの長さ測定

ラインの長さ測定は専用のコンピューターシステムを使って測定します。このシステムではラインにはメーカー指定のテンションをかけて長さを計測します。メーカーによっても異なりますが、Aラインのセンターから順番にすべてのラインを計測します。

すべてのラインの計測結果は記録されます。計測結果をもとに、ライン調整が必要かどうか判断されます。判断基準は全体の背丈、ピッチ、左右のバランスが許容範囲がどうかということです。


※機体の調整
機体の所有者、機体メーカーと相談の上で行われます。完全検査の料金には含まれません。

 ■GLIDERS CHECK 料金 (※詳しくはチェックセンターにお問い合わせください。)

完全検査(1.および2.)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ \15,000
   1.キャノピーの空気透過率測定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ \5,000
   2.ラインの長さ測定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ \10,000


機体の調整、プレフライトチェック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ \15,000
全ライン交換・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ \20,000
交換用ライン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 実費
送料、運賃・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 実費


  このページの先頭へ
トップページ | JPAカレンダー | リンク | サイトマップ | お問い合せ