3月9日(水) 朝霧にて芳賀氏による講演決定!

 パラワールドの特集記事「STOP Accident」のなかで、なぜ事故が起こるのかということに関してインタビュー記事が紹介されていた立教大学教授の芳賀氏による講演が3月の事故対策会議で行われることになりました。その記事は多くのインストラクターの印象に残るものでした。日本パラグライダー協会では、パラワールドのご協力を得て、芳賀氏をご紹介いただきすぐに講演依頼をすることを決めました。すでに、ドイツDHVのクラウス氏による講義、全日空の片岡氏によるヒューマンエラー対策の講義を受け、その後の事故撲滅に大きな成果を挙げることができました。さらにJPAヒューマンエラーブックを作成、一昨年は劇的に事故を減らすことに成功しています。ただ、ご存知のように今年は多くの事故が日本全国で発生してしまいました。事故が起きにくい土壌を作り上げるにはさらなる努力が必要です。プロとして目に見える活動を行い、結果を出せるよう今回の講演を行うこととなりました。スクール関係者のみなさまはぜひご出席ください。



猛暑が続きます、無理せずフライトしましょう!

日本全国で梅雨明けです。すでに、暑い夏が続いています。体調管理をして、空遊びを楽しみましょう!
空中で熱中症、脱水になることもあるようですので、長時間飛ぶ方はドリンクホースでいつでも給水できるようにしておきましょう




水辺でのフライトにあたって No.3

水辺でのフライトにあたって、いくつかの取り組みをご紹介いたします。

今井浜フライングスクール(静岡県)
ハーネスに取り付けるタイプの救命胴衣を購入されました。海沿いのエリアをフライトする際には装着するようにされています。

KPS那須高原パラグライダースクール(栃木県)
海沿いのエリアへのフライトツアーの際、事前に救命胴衣をレンタル。各自、ハーネスに装着しフライトをしました。

「山でのフライトにはツリーランセット、水辺でのフライトには救命胴衣」です。