日本赤十字社 救命救急講習会のご案内

JPAではインストラクターを目指すパイロット、取得されたインストラクターへ向けて様々なトレーニングを数多くしております。取得するときだけではなく、取得後、日々変わる新しいパラグライダー理論に対応すべく、更新講習会を重要視しております。

レスキューパラシュートリガー制度
レスキュー認定者制度
そして、アシスタントインストラクター、インストラクター検定制度

JPAでは、アシスタントインストラクター、インストラクターを受験するためには、日本赤十字社の救急救命講習会に参加し、事前受講していることが必須となっております。
万が一に備え、迅速な対応ができることを目的としております。

そこで

今年度にJPAアシスタントインストラクター、およびインストラクターを目指す皆様にお知らせです。(もちろん、一般パイロットのかたもご参加できます。)

2010年 日本赤十字社 救命救急講習会 開催日程
http://www.jrc.or.jp/search/study-link/index.html

アシスタントインストラクター、インストラクター検定会参加前には、必ずご受講ください。
よろしくお願い致します。



三寒四温どころか、冬に逆戻りした翌日に初夏の陽気を迎えるという、大変厳しいコンディションが続いております。
よって、吹く風も強風、サーマルも非常に激しいものとなっております。
GWあたりに今年の初フライト、もしくはその時期に長期国内ツアーをご予定される

皆様・・・

無理なフライトプランは立てず、トレーニングヒルで十分練習をしてから高々度フライトに臨みましょう。

時には飛ばない勇気も・・・


安全普及事業部


安全普及事業部 ブログを立ち上げました

安全普及事業部ブログを立ち上げました。
安全普及事業部は・・・

1 事故対策と会員の皆様へのフィードバック
2 グライダーチェック
3 各種保険の管理
4 セーフティーノーツ

などなどを、タイムリーにお知らせしていきたいと思います。

まずは

5月連休が近づいてきました。この季節はサーマルブローが活発になり、ランディングが乱気流で危険な状況に陥りやすい時期です。毎年、大きな事故が多数発生する時期でもあります。パイロットの皆様は、どうぞ、十分注意して、フライトをお願いします。

また、ランディングの事故が増加しています。最終アプローチを長くとり、気流の急激な変化にも対応できる体制を常にとるようにしましょう。

今年最初にフライトが、いきなり高々度フライトは注意が必要です。
是非、トレーニングヒルからゆっくりと始めていきましょう。