日本パラグライダー協会

会員の皆様からお寄せいただいた「ひやっとしたこと(インシデント)」を分類し、分かりやすくご覧いただけるようにしました。スクール様だけでなく、一般フライヤーの皆様にもぜひご覧頂き ご自身の安全フライトにお役立てください。

ひやっとノートフォーム

粘りすぎてランディングに届かず

: 10:00
: 男
: パイロット
: 晴れ
: 2m
: 穏やか
: 朝の1本目のフライトで、まだ渋い条件の中、低い高度まで粘ってしまいランディングへの高度が足りず、フォローでランディングで転倒。

: 久々のフライトで、しかも1本目。その上すぐ先に他の機体がセンタリングしていた状況で、その機体を見て追っていたので、周りの状況(高度変化)を冷静に判断出来ないで飛んでいた。
1本目なのだから、もっとゆとりを持って飛ぶべきだったが、センタリングしている機体を見て、夢中になってしまった。


2009/02/06

ベルトつけ忘れ

: 13:00
: 75歳
: 男
: パイロット
: ハーネスにフロントコンテナ
: 快晴
: 1m
: 穏やか
: レックベルト、ウエストベルト付け忘れ。

テイクオフしてしまい数分間フライト後、木に引っかかる、その後木から落下した。(7~8m)幸い斜面で雪があったので怪我無し。

この日は、3本フライトしてその三本目・・・普段TOエリアでセッティングしていましたが、3本目はラインが絡んだのでTOの駐車場でセッティングを行いました。ハーネスを付け用意していたので、フロントコンテナもつけるようにいいました。ここで本人しかベルトを確認しておらず。スタッフがキャノピーを持ち本人はハーネスをつけてTOエリアまで一緒に歩き、数名用意しているパラノ間にセットしフライトいました。冬場はキャノピーが滑ってしまうので後ろでサポートすることが多く今回もセンターを持ち上げていました。(普段はこの時点でベルトチェックしていますが、今回はしていません。わすれました。)走り出しまでまったく気がつかづTO前でお尻がはっきり見えそのままTOしてしまいました。無線でとにかくつかまる様に指示し、パラはゆっくり右にターンしているので木に引っかかることだけ期待して見守るしか無い状態でした。幸い第二TO前を通過し尾根の上空で大きく旋回をして2回目のターンで木に引っかかりました。無線で旋回中など状況を本人説明して励ました。(次のターンで気に引っかかるよ!頑張れ・・・)その後本人から無線で木から落ちた怪我無しの報告がありました。。
: 本人まったく覚えていません。(落ち着いてから確認します)

フロントコンテナ以外(レック・チェストベルト)ハーネスにはセットされていませんでした。

スクール・エリアでのベルト確認のミス!(ルール見直し!)


2009/01/29

ベルトつけ忘れ

: 13:00
: 75歳
: 男
: パイロット
: 快晴
: 1
: 穏やか
: ベルト(チェスト・レッグ)付け忘れ事故 その後の報告(本人の話)

土曜日’(事故から2日後)ご本人と話が出来ました。当時フライト中なんと、フットバーが右足太ももにかかり体を支えていた事がわかりました。普段からバーに足をかけ易くする為に、跨ぐ様にフットバーをセットしていたのが不幸中の幸いで、体がハーネスから落ちながらも太ももでキープできていた。さらに体重移動の様なことも力を入れたことにより出来ていたそうです。(両手は左ライザー・右足太ももにフットバーといった体制で、何とか木に引っ掛りたいと考えていたそうです。)

木に引っかかった際に落下したと思っていましたが・・・なんと自ら足のバーをはずして木から飛び降りていました。ただ気が動転していたので、高さの確認(7~8m)はしていませんでした。ただ、足から降りるよりは少し足をまげて降りたほうが良いだろうと思い、飛び降りたとの事です。足、お尻、背中、の順で50~80cmの雪の中に埋もれたそうです。
: 当日、なぜ付け忘れたか?意識に無い?思い出せない?との事でした。


2009/01/29

サーマルエントリーでスピン

: 11:00
: 35歳
: 男
: エキスパート
: 晴れ
: 3m
: サーマル発生
: パイロットは以前は毎週のように飛んでいたが、結婚してから2~3ヶ月に1度くらいのペースとなり、飛ぶ度にブランクあった。
穏やかにサーマルが発生する条件で、サーマル入ろうと旋回を開始したが、引きすぎてスピン。慌てる事はなく直ぐにブレークをリリースしたので、270度旋転した後に回復した。

: ベテランでも特に以前は頻繁に飛んでいたパイロットが極端に飛ぶ頻度が落ちると、気持ちが先行して操作に荒さが出てしまう。
30歳過ぎくらいで結婚して飛ぶ頻度が減ったパイロットは他にもいるので、注意して行きたい。


2009/01/03

XCフライト後の野外着陸

発生時間 : 12:00~
年齢 : 58
性別 : 男
経験年数 : 23
パイロットレベル : エキスパート
年間フライト日数 : ~100日
天候 : 晴れ
風速 : 4m
状況 : サーマル発生
内容 : 機体はBoomerang5、以前は国際レースにも出場していたが、ここ10年ほどは大会には参加せず。エリアやスクールの活性化にもつながるものと考え、レースに時々参加しようと思い、久しぶりに本格的チューニングを施した機体に乗る。当日まで、5本程度10時間ほどの飛行をエリア内で行っていて、失速特性や着陸特性など一通り理解していたつもり。当日、良いコンディションに恵まれ雲底についてXCフライトに出発。40km程度飛行し、着陸態勢に入り、道路脇の休耕田の雑草の生い茂った場所にアプローチ、高度20m程度で長方形の着陸予定地の風上側に電線ではない細いケーブルを視認、右側は道路と電柱電線、左側は建物といった具合の中に入ってしまい、わずかなローリングとブレーク操作により進入角を深くして着陸しようとしたが、高度4~5mほどで失速。回復操作もなにもできない状態で背中から墜落。深い草と休耕田の軟らかい地面に助けられ、軽い打撲感程度で済む。
考えられる要因 : わかりきっていることなのだが、着陸地点の選択ミスと新しい機体に対する慣熟飛行練習が不足していたまま、過去の経験だけをたよりに安易にXCへ出たこと。飛行特性をもっと深いレベルで修得していたなら、回収が楽ということだけで道路ぎわの狭い着陸場所を選ぶことはなかったと思う。隣接する場所にもっと楽に安全に降りる場所があった。
過去の経験がいくら豊富であっても、今乗ろうとしている機体での経験は無いのだから過去のものは何の役にもたたない。その新しい機体の特性をつかみ、自由に操れる段階になってから過去の経験がものをいう・・・、そんな風に考えている。


2008/09/12