日本パラグライダー協会

会員の皆様からお寄せいただいた「ひやっとしたこと(インシデント)」を分類し、分かりやすくご覧いただけるようにしました。スクール様だけでなく、一般フライヤーの皆様にもぜひご覧頂き ご自身の安全フライトにお役立てください。

ひやっとノートフォーム

スピン後フルストール

【発生時間】 09:00~
【パイロットレベル】 体験
【天候状況】 晴れ
【風速】 4m/s
【状況】 サーマル発生
【内容】
サーマルで旋回に入ったが、風下側のシンク帯でスピンに入った。その後急旋回に入りそうだったので、両手をカラビナにし、バックポジションへと指示。綺麗にバックに入ったので、両手を少し上げてと言うと、サーチに入ったが急に下向きとなったので焦ったのか、また引いてしまい2度目のストールへ入ってしまい、そのまま杉林へツリーラン

【考えられる要因】
Cクラスのグライダーで、慣れてはいるが少々乱暴な操作が時折見られる為に、今までも小さな失敗が数回はあった。そんな中劣化による迎角の変化も心配だったので、ボトムラインの全交換をして数本目の出来事であった。この事からラインの長さが元の長さになり、迎角が正しい角度に戻り機敏な動きがあった可能性も考えられる。
もちろんライン交換後の、インストラクターによるテストフライトでは正常ではあったが、本人的にはヘタッた状態からの動きの変化があったかも知れない。
機体を変える相談と共に、より深い練習が必要な事を相談中。


2016/03/12

空中接触

【発生時間】 16:00~
【パイロットレベル】 パイロット
【天候状況】 晴れ
【風速】 3m/s
【状況】 サーマル発生
【内容】
アーベントテルミック発生状況で良好なソアリングコンディション。リッジを取るような形でソアリング中、前方から接近してくるグライダーに気が付いていたもののお互い右によけきれずに左翼端と相手の体が接触。離れた後に両者パラシュート開傘しブッシュの中に着陸。お互いけがはなかった。

【考えられる要因】
飛べば誰でもソアリングできるようなコンディション。
お互いソアリング経験が少なかった。
少しでも長く飛びたいという気持ちがあり、コースを譲り回避するのが遅れたのかもしれない。

テイクオフに管理者がいたのだが、接触時その付近の高度では当事者の2機しか飛んでいなくまさかぶつかるとは思っていなかった。管理の甘さが反省点としてあげられる。


2016/02/27

ひやっとノートブログ

会員の皆様からお寄せいただいた「ひやっとしたこと(インシデント)」を分類し、分かりやすくご覧いただけるようにしました。スクール様だけでなく、一般フライヤーの皆様にもぜひご覧頂きご自身の安全フライトにお役立てください。


2016/01/01

空中接触

【発生時間】 13:00~
【パイロットレベル】 パイロット
【天候状況】 晴れ
【風速】 2m/s
【状況】 サーマル発生
【内容】
リッジソアリングとセンタリングするグライダーが混在する空域。下からセンタリングして上がってきたキャノピーにリッジソアリングしていたパイロットが包まれる。下のパイロットがパラシュート開傘。まもなくツリーラン。ケガ、グライダーの損傷とも双方ともなし。

【考えられる要因】
どちらかが見ていれば避けられたインシデント。
空域の注意点を認識不足。


2015/12/12

同時進入

【発生時間】 14:00~
【パイロットレベル】 パイロット
【天候状況】 曇り
【風速】 2m/s
【状況】 穏やか
【内容】
ビジターのパイロットとエリアのフリーフライトパイロットが同高度で動じ進入となり、ニアミス。
ランディングディレクターの指示でよりなれていると判断したエリアのパイロットをアウトサイドランディングへと誘導し、なんとか最悪の事態は避けられた。

【考えられる要因】
ビジターの技術が十分でない。はじめてよそのエリアでのフライトは慎重になされるべき。また同高度になったエリアパイロットも同時進入を意図的に避けるなどの工夫がたりなかった。
ランディング側からは同時進入への警告が発せられていたが、具体的な指示を欠いた。(たとえばどちらのグライダーにどれだけ高度を下げさせるのか)


2015/09/13