日本パラグライダー協会

会員の皆様からお寄せいただいた「ひやっとしたこと(インシデント)」を分類し、分かりやすくご覧いただけるようにしました。スクール様だけでなく、一般フライヤーの皆様にもぜひご覧頂き ご自身の安全フライトにお役立てください。

ひやっとノートフォーム

自撮り棒がラインにひっかかり、あわや・・・

【発生日】2016年7月10日
【発生時間】11:00~
【パイロットレベル】タンデム
【天候状況】晴れ
【風速】2m/s
【状況】サーマル発生
【内容】
タンデムフライトでテイクオフした時に、ライズアップした時、自撮り棒がライザーもしくはラインに引っかかり、ふわりと飛べたがすぐにスピンしてスタチンした。パイロット、パッセンジャーに怪我はありません。

【考えられる要因】
暑く、人が多かったので急いてテイクオフした。

タンデムパイロットに自撮り棒が、テイクオフ時に危険があることを自覚してもらい、ライザーラインに引っかからないように、付ける場所を確認する。


2016/07/10

プレフライトチェックミス

【発生時間】 10:00~
【パイロットレベル】 タンデム
【天候状況】 曇り
【風速】 2m/s
【状況】 穏やか
【内容】
フライトチェック終了後のフライト直前に片側のみライザーが一回転していたのを別のギャラリーパイロットが発見した。

【考えられる要因】
環境要因 曇りから雨の予報で早めにフライトしたかった、風が弱くフロントライズアップの準備をしていた。
影響要因 タンデムパイロット、サポートインストラクター共に
お客さんのハーネスセットと裏返っていたヘルメット修正に気を取られていた、
ヒューマンファクターズ フロントであったため、Aラインのみ
上部にあることをチラ見で確認していた。お客さん最優先との意識で自分につながっていると意識しているライザーをおろそかにしていた。

対策、事前クロスチェックで指さし確認を忠実に行う、Aラインアッパーを確実に目視確認する。


2014/07/13

タンデムプレフライトチェックミス

【発生時間】 11:00~
【パイロットレベル】 タンデム
【天候状況】 晴れ
【風速】 6m/s
【内容】
サイドの風
49歳:タンデムパイロット
パイロットの右側のラピッドリングとタンディムバーを留め忘れていたためパイ
ロットが片側宙吊り状態となった。
機体は安定しており低高度だったため、そのまま砂浜にランディングした。
パイロット・パッセンジャー共に傷害等はなし。

--------------------------------------------------------------------

○状況
当日、2本目のタンデム。ハーネスは1本目と同じものを使用。
南東サイドで、すこし風が上がってきており、何度か立ち上げを失敗したため一
旦中止した。
その後、すこし風が収まり若干向きも良くなったため、フロントでテイクオフした。
出て直ぐ、パイロットが片側だけの宙吊りとなった。
山沈しろとの声も聞こえたが、右のブレイクが引かれた状態で戻せず(どの程
度、引いた状態になっているかがわからない)
左旋廻に入れると失速する可能性があると思い、左をすこしだけ引いて風上方向
の砂浜へ直進しランディングした。

・右を引くと体重が乗ってしまい引きすぎになるためコントロールしにくい状態
だった。(左はコントロール可能)

○原因
はっきり記憶がないのだが、テイクオフを中止したときに、カラビナが外れな
かった(砂詰まり?)か何かで
ラピッドリング側を外してしまったのではないかと思う。
普段、ラピッドリングを外すことはないので、テイクオフの時にチェックをしな
かったのが原因。
もし通常通り、バッグハンド(時計回り)でライズアップしていたら、普段と違
うのに気づいたかもいれないが
このときはフロントだったため、まったく気づかなかった。

【考えられる要因】
ラピッドリング側は絶対に外さないこと。
・2回目(テイクオフのやり直し)であっても、チェック(ラピッドリングも含
む)と説明を行う。
(チェック&説明の、手順を変えてしまうと何かが漏れてしまうように思うの
で、重複しても必ず行うようにします)


2014/05/05

ランディングクラッシュ

【発生時間】 09:00~
【パイロットレベル】 タンデム
【天候状況】 快晴
【風速】 0~4m/s
【状況】 サーマル発生
【内容】
朝8時テイクオフでランディングは8時15分頃。
ランディングアプローチ中に風向風速の変化により(サーマルブローに止められ)10m弱の高度で失速気味になり接地間際の回復によるシューティングをフルブレークで接地。手前の田んぼ法面にクラッシュランディング
幸いにも怪我はなかったが接地地点には側溝もあり非常に危険な状況だった

【考えられる要因】
・風が弱くサーマルブローによる風向・風速に変化があった
・エリアで今年初フライトで初タンデムだった
・春のコンディションなので早めスタートで8時にスタートしたがランディングはすでに安定しないコンディションだった。
・ランディングディレクターも風が安定しないと感じていたが体験タンデムだったのと校長なので大丈夫だろうと判断。


2014/04/13