日本パラグライダー協会

会員の皆様からお寄せいただいた「ひやっとしたこと(インシデント)」を分類し、分かりやすくご覧いただけるようにしました。スクール様だけでなく、一般フライヤーの皆様にもぜひご覧頂き ご自身の安全フライトにお役立てください。

ひやっとノートフォーム

選択されているタグ : アプローチミス

タグを絞り込む : ツリーラン ビジター レスキュー開傘 失速 潰れ 講習高高度フライト

同時進入

【発生時間】 14:00~
【パイロットレベル】 パイロット
【天候状況】 曇り
【風速】 2m/s
【状況】 穏やか
【内容】
ビジターのパイロットとエリアのフリーフライトパイロットが同高度で動じ進入となり、ニアミス。
ランディングディレクターの指示でよりなれていると判断したエリアのパイロットをアウトサイドランディングへと誘導し、なんとか最悪の事態は避けられた。

【考えられる要因】
ビジターの技術が十分でない。はじめてよそのエリアでのフライトは慎重になされるべき。また同高度になったエリアパイロットも同時進入を意図的に避けるなどの工夫がたりなかった。
ランディング側からは同時進入への警告が発せられていたが、具体的な指示を欠いた。(たとえばどちらのグライダーにどれだけ高度を下げさせるのか)


2015/09/13

アプローチ時に木に接触

【発生時間】 11:00~
【パイロットレベル】 パイロット
【天候状況】 晴れ
【風速】 2m/s
【状況】 穏やか
【内容】
ランディングアプローチの時に近くの木に本人がぶつかり
バランスを崩し地面に(コンクリートの農道)墜落した。
左大腿骨骨折、救急車で搬送した。

【考えられる要因】
当時は少し暑い。
二本目のフライトで集中していたか不明
無線でターゲットを見るように一言アドバイスした。
本人・・・木に近いと思ったが上空を越えれると思っていたらぶつかってしまった。そのまま抜けれると思った。駄目だった。


2015/08/10

同時進入→ツリーラン

発生時間 : 12:00~
年齢(才) : 45
性別 : 男
経験年数(年) : 10
パイロットレベル : エキスパート
年間フライト日数 : 100日~
天候状況 : 晴れ
風速 : 2m
状況 : サーマル発生
【内容】
アプローチでニアミス。
ベースのライン上でほぼ同高度で、向かい合わせで同時進入することとなり、山側に膨らんだ人が煽られてツリーラン。

本来一方通行の場所ですが、エリアの特性上下りる前に最後のサーマルを探しに行った場合に、反対側から入る事があります。

通常はお互いが右へ避けるようにして、対応していますが、今回はツリーランした人の方が、急に下がってしまい、同高度になってしまったため、シンクのある空域でより右(林側)へ避ける事となった。
【考えられる要因と対策】
環境要因・・・エリアの形状がベースのすぐ後ろが林となっていること。ベースへの進入が両方向存在してしまう事。ベースへ逆進入する時にはサイドフォローを受ける事。風向き、コースによってはシンクも存在すること。
これらの事をより深く皆が理解できるように、これから促して行く。

影響要因・・・タイミングは多くのパイロットがソアリングしていて、リフトが多く存在していたので、低高度でもまだ上げる事に気持ちが傾き過ぎていて、相手の存在に気付くのが遅れた。逆から入った人の方が始め少し高めだった為、正しい方向で入った人は、相手をあまり意識していなくて、避ける意識が薄かった。

ヒューマンファクター・・・風の流れに(シンクなど)に対する知識不足で、想定外の高度になってしまった。地面近くで緊張感があり、お互いに視界が狭くなっていた。

対策・・・この出来事はこのエリアが持つ大きな弱点の一つと考え、さらに皆が深い理解と意識を持つように、掲示と告知なでして、促して行く。


2012/01/13

ランディング直前の潰れ

発生時間 : 13:00~
年齢 : 46
性別 : 男
経験年数 : 17
パイロットレベル : パイロット
年間フライト日数 : ~20日
天候 : 快晴
風速 : 3m
状況 : サーマル発生
内容 : サーマルコンディションだった為、ランディングの風の吹き方に強弱があり、斜面に沿って十分低くしてから平地に出るように声を掛けていたが、アプローチの際に(ベースターン)斜面から離れて平地に膨らみ過ぎると、フワッと持ち上げられ、その直後前縁が潰れ、降下しながら着地となった。
怪我は無しだったものの、ちょっとタイミングがズレていたら、怪我の可能性もあり得る。

考えられる要因 : ランディング全体が高台のような立地の為、強いブローが吹いている条件では、外からの風が巻いて吹き込んでいる所があり、あまりにひどい時にはストップを掛けますが、この時は斜面に沿っていれば十分降りられる状況と判断した。この判断にも甘さが考えられるが、斜面から離れてしまった事、そして最近はそんなに頻繁に飛んでいなかったパイロットなので、もう少し早めの声掛けと飛び出すタイミングをずらす提案をしても良かった。


2009/04/29

ランディングアプローチ中にストール

: 11:00
: 男
: エキスパート
: 快晴
: 1m
: サーマル発生
: サーマルソアリングフライト後に、ランディングする際突風にあおられストールからスピン、直ぐレスキューを投げ出し開くと同時にランディング場近くの水田に着地しました。幸いパイロットは怪我無く道具もダメージ無しでした。

(この日のコンディションは、・・朝からサーマルが活発でランディング場は風向きがころころ変化していた。ランディングの仲間からは風情報が伝えられていた。日中サーマルが活発でTO・LDともブローが強く入り出した為15時迄風待ちし、フライトしていただきました。)

(このフライトで本人の話・・・サーマルが強くなりコンディションが荒れてきたので着地をしようとしたがランディング近くで上がったり下がったりきつく、なかなか降りなく、別の場所へのランディングも考えましたが仲間が居るメインランディング場を選び高度処理をしていた時に風に煽られた。高さが無かったので直ぐレスキューを考え投げ出した。)


: 突風に煽られ突然急激なノーズアップした際に、(ランディングアプローチ中でもあり少しブレークコードを引いていた)無意識にブレークを引いてしまったのかも知れない??(本人の話)。そのためにノーズアップからの失速に入り、フロントダイブとコラップス、90度スピン、レスキュー開傘となってしまった。


2009/03/21