日本パラグライダー協会

会員の皆様からお寄せいただいた「ひやっとしたこと(インシデント)」を分類し、分かりやすくご覧いただけるようにしました。スクール様だけでなく、一般フライヤーの皆様にもぜひご覧頂き ご自身の安全フライトにお役立てください。

ひやっとノートフォーム

選択されているタグ : プレフライトチェック

タグを絞り込む : タンデム ツリーラン テイクオフ レスキュー開傘 講習高高度フライト

レッグベルト締め忘れ、脱落防止システムのおかげで大事に至らず

【発生日】2016年12月19日
【発生時間】11:00~
【パイロットレベル】エキスパート
【天候状況】晴れ
【風速】2~4m/s
【状況】サーマル発生
【内容】
テイクオフの準備完了し、風具合をみながらタイミングを図っていたところ、隣で準備していたパイロットのラインとライザーが絡んで手こずっていたので手助けしようとレッグベルトを外し、ハーネスを脱ごうとしたところラインの絡みが解けたので、フライトデッキを再び装着してテイクオフ態勢に。
レッグベルトを外したことを忘れ、そのままテイクオフ。
少し違和感を感じたが乗り慣れていない新型ハーネス(Aerotact Soyo エムシライト)であったため足を入れるのにちょっとだけ手こずったが問題なくフライト。
2時間ほどソアリングし、通常(体が少しずり落ちた感じがしたが)どおり着陸して、ハーネスを脱ぐ際にレッグベルトを締め忘れたことに気が付いた。しっかりした脱落防止システムに助けられたが、態勢次第ではもっとひどい状況になっていたかもしれない。初めての経験。
エムシライトの脱落防止システムに感謝!

【考えられる要因】
うっかりミスなのだろうけれど、このような状況は何時起こっても不思議ではない。最終的に離陸を決断したら、走り出す直前の、必要最小限度のチェック事項を定め実行すべきかもしれない。
マンネリ化してきた「ベルトよし、無線チェック....」を確実に励行するか、そのあとにもう一度
1.レスキューグリップ確認
2.カラビナ確認
3.ハーネスベルト確認
4.・・・・・


2016/12/19

ファスナーにラインがひっかかったままテイクオフ

ハーネスのファスナー部分にグライダーのスタビラインがひっかかったままテイクオフしてしまい、ツリーランしたインシデントがありました。



このようにならないよう、ファスナーをしまうポケットがハーネスにはついています(ついていないものもあります)。


もしくは、ファスナーの金具の隙間を潰すなどをして対策をお願いします。
特に最近はラインも細くなっていますので注意が必要です。

日本パラグライダー協会 安全普及事業部


2016/06/06

レッグベルトつけ忘れ

【発生時間】09:00~
【パイロットレベル】パイロット
【天候状況】晴れ
【風速】1m/s
【状況】穏やか
【内容】
スタ沈してから 別のテイクオフへ移動 その際にレックベルトはずしてしまった。
移動後にパラを仲間が広げてくれた。
テイクオフしようとしたときに本人がきずいてセットしました。

【考えられる要因】
普段と違う仲間からの手助(スタチンからの移動/キャノピーの広げ)があり準備がいつもと違った。


2016/06/01

プレフライトチェックミス

【発生時間】 10:00~
【パイロットレベル】 タンデム
【天候状況】 曇り
【風速】 2m/s
【状況】 穏やか
【内容】
フライトチェック終了後のフライト直前に片側のみライザーが一回転していたのを別のギャラリーパイロットが発見した。

【考えられる要因】
環境要因 曇りから雨の予報で早めにフライトしたかった、風が弱くフロントライズアップの準備をしていた。
影響要因 タンデムパイロット、サポートインストラクター共に
お客さんのハーネスセットと裏返っていたヘルメット修正に気を取られていた、
ヒューマンファクターズ フロントであったため、Aラインのみ
上部にあることをチラ見で確認していた。お客さん最優先との意識で自分につながっていると意識しているライザーをおろそかにしていた。

対策、事前クロスチェックで指さし確認を忠実に行う、Aラインアッパーを確実に目視確認する。


2014/07/13

ベルトの締め忘れ

【発生時間】 14:00~
【パイロットレベル】 パイロット
【天候状況】 晴れ
【風速】 1m/s
【状況】 サーマル発生
【内容】
午前中1本フライトし、お昼時間の強めのサーマルが落ち着くのを待ちながら休憩をし、二本目のフライトでレックベルト、チェストベルト、を忘れ、コックピットのみセットしてテイクオフしようとした。クロスハンドで立ち上げ振り返った時にハーネスがずり上がり、本人はブレークグリップを離して身体をくねらせしゃがみこむようにハーネスから抜けだした。ふっとバーを股にはさんでいたので転がり外れた。ハーネスとグライダーは風にあおられテイクオフ横の木に被さる様に引っかかりました。

【考えられる要因】
二本目のフライトは皆さんよく上がりクロカンモードになっていた。そんな無線の話に気をとられ注意力が別の方に向いていた。(俺もあそこで上げたい・・・)

私もTOにいましたキャノピーを広げてあげました。すでに全ての装備はセットしていた、手元のラインが絡んでいてすぐにそこに気おとられ絡みを直した。足ベルトを注意しなかった。

コックピットはカラビナのところからワンタッチで取り付けられるようにバックルを付けていた。

最後にセットのはずのコックピットが最初に付けた。
(本人なぜそうしたかは覚えていない)

本人の自己申告も無かった。(無線地チェック・ベルト良し)、
私も催促しなかった。

校長が近くにいたので安心して自己確認の注意をしなかった。


2014/05/19