4月13日(火) リガー更新会・白馬 1日目

4月13日(火)

今季のリガー更新会も終盤。今回は雪解け間近の長野県栂池パラグライダースクールが会場です。クラブハウスのあるゲレンデはまだ雪が多く、車の通行もできないため、栂池パラグライダースクールのご好意で別に会場を手配していただきました。
JPA教育事業部のブログ
JPA教育事業部のブログ

実施する内容は1月に最初の更新会を行ってから一貫していますが、その間にも様々な情報も入り、少しずつ軌道修正をしながら今日を迎えました。まずは、机を囲んで、現在の問題点、注意点などを一通りお話ししました。機材の進化、テスト機関アカデミーの台頭により、色々なことが変わってきています。リガーは最新の情報をもとに作業を行います。様々な最新情報が世界各地からJPAに入ってくることも、このリガー制度を確固たるものとしている一因です。もちろん、セオリーは変わることがありません。情報をどのように精査し使いこなすかということはリガーの見識に関わってきます。

実技では注意点に関するデモンストレーションをしたのち、作業開始。普段取り扱っていないパラシュートを5個リパック。実技科目は前回同様です。とにかく初めまだ体が疲れていないうちに細かいポイントを徹底的に注意し理解してもらいます。結果的に疲れていてもどのような状態でも同じ作業がいつも同じようにできなければなりません。
JPA教育事業部のブログ
JPA教育事業部のブログ

レスキューパラシュートのパックは慣れてしまえば単純作業ですが、常にコンマ何秒かでも速く開傘させたいかということを念頭に作業をする習慣が身に付かなければなかなか単純にはいきません。そのきっかけがこの更新研修会であればこの更新制度は意味あるものとなります。
JPA教育事業部のブログ
JPA教育事業部のブログ

今回も終了したのは19時過ぎ。クタクタになりながらもなにかを感じ、今後のリガー活動に役立つものがあったのではないかと思います。この春はサーマルコンディションも例年以上に強烈です。パラシュートのお世話にならずにすめばそれに越したことはありませんが、いざという時のため、万全の準備でフライトに臨みたいものです。
JPA教育事業部のブログ
JPA教育事業部のブログ


パラグライダー・レスキューレベル1,2認定検定会 追試

3月に行われたレスキュー認定検定会で合格とならなかった皆さんが昨日、今日の2日間追試を行いました。昨日はウイングキッス朝霧、今日はエアパークCOOで行いました。

追試というと印象が悪いですが、追試を受けるにはそれなりのパワーが必要です。恥ずかしさ、悔しさ、怖さ・・・ですので、この追試で合格できれば、それはより価値あるものになると思っています。

本日の追試はまずは会場となるテイクオフへのアプローチから開始。500mほどの高低差をみなさん救助道具を持ってハイクアップです。会場の設営も自分たちで。ロープを張って仮固定してすべて自分たちで行いました。前回と違い雨は降っていないものの、シチュエーションは各自変えました。まずはそれに気づき、どのような状況かを把握することがレスキューの第一歩となります。前回の教訓が活かされてか、大きなトラブルもなく進行しました。とはっても終了したのは日没前。林の中は暗くなるのがより早く、そのような環境では緊張感も高まります。カウンターラッペルでの救助、自己脱出のトラブルシューティング一通り行いました。ミーティングでさらにイメージをクリアにし、合格発表。今回はみなさん合格です。認定証を受け取ると同時に大きな責任を受け取ることとなります。それを自ら志願し、検定会に参加されたわけです。是非、認定されたみなさんの今後の活躍にご期待ください。

伊豆フライトハウス・恩田さん、KPS・平出さん、グランボレ・加藤さん、埼玉こまち・望月さん、新治こまち・望月さんおめでとうございます。



JPA教育事業部のブログ

JPA教育事業部のブログ

JPA教育事業部のブログ

JPA教育事業部のブログ

JPA教育事業部のブログ