しらたかラ・フランスカップ2022


レポート 競技事業部:藤野光一

今年も白鷹エリアで3回目の競技会。毎年6月の「さくらんぼカップ」、7月の「紅花カップ」、そして9月の「ラ・フランスカップ」と開催し続けてくれる主催者には感謝の言葉しかありません。

今回の大会では、非常に勢力の強い台風14号の影響が危惧される中、3連休を使って何とか良い競技ができれば…と臨みましたが、結論から言ってしまえばそれは叶うことはありませんでした。お天気ばかりはどうしようもありませんが、選手のみなさんには頑張っていただきました。

DAY1

3連休の天気予報は台風14号の影響もあって、なかなか定まりません。
そんな中でも初日の17日は比較的希望の持てる晴れマーク予報。選手のみなさんも言葉には出しませんが「今日」と言う日に期待をしているのが伝わってきます。


司会

大会委員長

競技委員長

テイクオフで開会式や各種ブリーフィングの後、タスクコミッティーの提案でタスクの意図やタスク立案に至った気象条件や様々な環境における根拠などが説明され、選手から広く意見を聞くと言うデスカッションを試みました。
JPAの競技会では、事前にWEBのアンケートでタスクコミッティーを選手により投票して選出していますが、ここ最近は大体同じ顔触れになることが多い。逆に言えば、選出される選手の信頼が高いことを表していますが、できれば多くの選手にコミッティーを経験して欲しいと言う思いがあるのも事実。大袈裟ですが、育成の意味も含めて今後取り入れていきたいと感じた試みでした。


ナショナルリーグのタスクコミッティー

チャレンジリーグのタスクコミッティー

コミッティーによるディスカッション

そして発表されたタスクはナショナルリーグが40Kmほどの距離で、最近のタスクではスタンダードとなった長井ダムを使った置賜盆地アウトアンドリターン。チャレンジリーグは東風を考慮して、なるべく山側をとばないようにTPをチョイスして組んだ15Kmのコースに決まりました。
ただ東風の流入が思いのほか強く、また、ダミーの状況を見てもファーストサーマルで上げるのが非常にトリッキーな状況を考慮し、しばらくウェイティングとなりました。


チャレンジリーグ TASK1

ナショナルリーグ TASK1

テイクオフ前は回り込んで入ってくる東風の影響を受けてかなり荒れており、細心の注意が必要な状況でしたが、12時15分にナショナルリーグのウィンドウをオープン、一斉スタート時間は13時となりました。
チャレンジリーグはもう少し様子を見ることになりました。
空域全体は東風の影響を大きく受け、いつものサーマルポイントでは上げることが出来ません。選手はテイクオフすると真っすぐに沖へグライドし、ランディングすら後方に見る位置からサーマルをヒットして何とか上げて行きます。しかし、沖の最上川付近では南風が卓越しており、サーマルは北へ大きく流されてしまいます。今日のタスクは相当厳しいものとなりそうです。


見守るチャレンジの選手

なんかカッコいいね

テイクオフも東風に翻弄されて難しいものとなっていました。普段なら何の問題もないはずのライズアップが、安定な風のせいでテイクオフに苦労する選手が多かったですね。


定まらないキャノピー

テイクオフも東風に翻弄されて難しいものとなっていました。普段なら何の問題もないはずのライズアップが、安定な風のせいでテイクオフに苦労する選手が多かったですね。


定まらないキャノピー

レースは一本松で高度を上げることに成功した選手が先行してスタートしました。タスクを引っ張ったのは10関根順選手。それを追うのが209菊池浄選手。風が強いと見て西山を使ったルートを選択するも、思いのほか西山は働いておらず関根選手はランディングしてしまいます。この2人をしっかり観察していたセカンド集団を形成した121佐野選手、34福田選手、23中田選手が高度を活かして追随。その後方には地元の36松田選手、106千葉選手ら女子選手に加え、201三澤選手が続きます。
菊池選手は西山の懐には入らず、やや盆地寄りのすそ野を上手くグライド。弱いサーマルを何とか乗り継ぎ距離を伸ばしますが、長井ダムは遠かったようです。
後続の選手たちも追いすがりますが、西山が働いていない以上距離を伸ばすのは難しかったようでした。
結果、209菊池選手が17Kmを飛び初日トップ、10Km以上フライトした選手は菊池選手を含め36針生選手、23中田選手の3名でした。

一方、チャレンジリーグの競技は危険と判断してキャンセルとなりました。

DAY2

大会2日目は、午前中こそ飛べそうなコンディションでしたが午後からは風も強まって雨の可能性もあるため、コミッティーと協議し両リーグともにキャンセルとなりました。ただ、昨日フライトできていないチャレンジリーグの選手には、せめてフライトだけでもしてもらおうと午前中はフリーフライトとなりました。
また、明日19日も台風14号の影響がさらに強まり、競技に適さない気象条件になるとの判断から、非常に残念ではありましたが、大会自体を2日目で終了することが決断されました。

その結果、初日の成績でナショナルリーグのみの成立となりました。

表彰

ナショナルリーグ総合


PNL優勝 No.209菊池浄選手

PNL総合入賞者

優勝 No.209 菊池 浄 NIVIUK ICEPEAK EVOX

準優勝 No.35 針生 清志 OZONE ZENO

第3位 No.23 中田 靖之 NIVIUK ARTIK5

第4位 No.121 佐野 邦夫 GINGLIDERS BONANZA2

第5位 No.36 松田 京子 NIVIUK ARTIK6

第6位 No.106 千葉 恵 NIVIUK IKUMA2

ナショナルリーグ総合リザルト

ナショナルリーグ女子


PNL女子優勝 No.36松田京子選手

PNL女子入賞者

優勝 No.36 松田 京子 NIVIUK ARTIK6

準優勝 No.106 千葉 恵 NIVIUK IKUMA2

第3位 No.25 岩崎 聖子 NIVIUK KLIMBER2P

第3位 No.32 関根 睦 OZONE ZEOLITE GT

第3位 No.48 柏倉 恵美 BGD CURE2

第3位 No.105 江草 幸子 ADVANCE SIGMA10

第3位 No.117 山岸 里子 GINGLIDERS BONANZA2

ナショナルリーグ女子リザルト

ナショナルリーグチーム戦


PNLチーム戦

優勝 白鷹ウイングス(松田、針生、伊藤、柏倉、阿部)

準優勝 とちおとこ(関根、福田)

第3位 チームカンフー(菊池、貝田)

ナショナルリーグチーム戦リザルト

ナショナルリーグ認証機クラス


PNL認証機クラス優勝 No.23中田靖之選手

PNL認証機クラス入賞者

優勝 No.23 中田 靖之 NIVIUK ARTIK5

準優勝 No.121 佐野 邦夫 GINGLIDERS BONANZA2

第3位 No.36 松田 京子 NIVIUK ARTIK6

ナショナルリーグ認証機クラスリザルト

ナショナルリーグ認証機クラス女子


PNL認証機クラス女子優勝 No.36松田京子選手

PNL認証機クラス女子入賞者

優勝 No.36 松田 京子 NIVIUK ARTIK6

準優勝 No.106 千葉 恵 NIVIUK IKUMA2

第3位 No.48 柏倉 恵美 BGD CURE2

第3位 No.105 江草 幸子 ADVANCE SIGMA10

第3位 No.117 山岸 里子 GINGLIDERS BONANZA2

ナショナルリーグ認証機クラス女子リザルト

番外


ジャンケン大会勝者

大会委員長の講評

コロナ禍で選手同士の交流も難しかった昨今ですが、山形県においてもこれまで自粛されていた「芋煮」イベントが各地で開催され、これまでの姿に戻りつつあることを感じることができました。大会主催者からも、来年は芋煮で盛り上がりたいとの話もありましたが、そのようになっていることを祈りたいと思います。

毎度毎度になりますが、JPA競技会にご尽力いただきました主催者、地元クラブや関係者のみなさまには御礼申し上げるとともに、今後ともご協力賜りますようお願い申し上げます。
また、参加いただきました選手のみなさまにも御礼申す上げます。今シーズンのリーグ戦は残すところ僅かとなりましたが、引き続き競技会への参加をお待ちしております。


集合写真


バードマンカップ獅子吼2022


レポート 競技委員長:松原彪

コロナ禍による大会中止で3年ぶりの開催となる獅子吼ですが、いろいろなアクシデントに見舞われ、直前まで開催が危ぶまれました。
過去の大会は天気に恵まれ、ほとんど全て成立してきましたが、今回は1週間ほど前の天気予報では絶望的な雨の週末とのことでした。

しかし、週末が近づくにつれて、天気が良い方に変わってきました。
ところが大会2日前に北陸地方を襲った豪雨により、道路は寸断された上、肝心のテイクオフが土砂崩れに見舞われ、開催が危ぶまれました。
大会前日の8月5日にはゴンドラも運休しましたが、大会スタッフと選手のご協力で、とりあえずテイクオフができそうな所まで土砂を取り除き、なんとか開催可能な状態にこぎ着けました。
アエロタクトの扇沢さんに8月3日から大会終了まで精力的に準備と運営を手伝っていただき、大変ありがとうございました。
扇沢さんのお力添えがなければ大会は開催できなかったと思います。


崩れた土砂を綺麗にするスタッフ


しらたか紅花カップ2022


レポート 競技事業部:藤野光一

昨年からナショナルリーグとなって開催されているこの「紅花カップ」。昨年は白鷹エリアのポテンシャルを大きく広げたタスクを行って大成功を収めたこともあり、今年は多くのナショナルリーガーが集う大会となりました。

とは言え、史上最も早く梅雨明けしたものの、戻り梅雨とも言うべき不安定な天候が続く日本列島は雲の多い天候となり、開催日程2日間の天候も微妙な感じです。

しかし、そこは白鷹の大会。これまでも希望の持てない天気予報ながらも競技が成立してきた実績がありますので、成立を信じて選手も集まってきました。

※今回はあまり写真がありません

DAY1

大会初日の23日は、曇り空ながらも予報では昼前から雨が降ると言うもの。また、風も強めでフライトは難しそうなので、朝の受付と大会本部で開会式を済ませた後は早々にキャンセルが発表されました。


その後はチャレンジリーグの選手向けに、「大会におけるフライトの考え方」についてセミナーが行われ、チャレンジの選手だけでなくナショナルの選手にも聞いていただきました。


さくらんぼカップ2022


レポート 競技事業部:藤野光一

6月の白鷹と言えば「さくらんぼカップ」。この大会はJPAの競技会の中で唯一「チャレンジリーグだけ」の大会として毎年開催されています。開催時期が梅雨入りが近いため、毎回天気予報に一喜一憂させられるのですが、今年も絶望的な雨マークが開催日前日には晴や曇りマークの予報に変わり、蓋を開けてみれば2日間とも良い条件で競技が成立する・・・。この大会は、そんなパターンが出来つつあるように感じました。

主催者の植木校長は「初心者に大会の楽しみを知ってもらうための大会」と位置付け、今回は地元白鷹からも大会初参加組が参戦。果たして大会の楽しさを味わっていただけたでしょうか?

DAY1

昨夜までの雨も回復し、白鷹の空は青空も見える絶好の大会日和となりました。
チャレンジだけと言うこともあり参加選手は少ないですが、ナショナルリーグのオープン参加選手も含めて今回は14名(チャレンジ9名、オープン5名)が白鷹に集いました。


今日は昼以降から若干風が強くなる可能性があるので、出来れば昼前から昼過ぎにかけて競技が出来れば…と言うのがオフィシャルのシナリオ。数値データでは午前中から対流も活発なので、早めに動くことでそれに備えます。


受付

コミッティー


奥越高原スプリングカップ2022


レポート 大会実行委員長:堀幸雄

競技内容補足 競技事業部:藤野光一

今年で開催2回目となる「奥越高原スプリングカップ」。毎年、田には水が入り、麦の刈り取りは直前、という競技をするにはなかなか難しい時期での開催ですが、このタイミングをすぎると梅雨入りとのせめぎあいになることもありギリギリの日程だろうと考えていました。

5月に入ると全国的に梅雨入りが早まるとの声もちらほら。1週間前の予報では週末だけが雨模様となんとも微妙でしたが、開催日が近づくにつれ徐々に予報も好転。
大会前日、朝まで降った雨も昼頃にはすっかり上がり、前入りした選手たちは良い条件で練習フライトを楽しんでいました。

DAY1

大会1日目は強風予報。ちょうど競技に適している午後~夕方くらいは条件もMAXにキツそうなので競技キャンセルも考えられましたが、地の利を活かしこのエリアならではの夕方から1タスクで競技を行うことになりました。

※この判断は長年ジャムエリアを見続けてきた堀校長の経験がなせることです


受付

学生が頑張ってくれます

大会実行委員長

競技委員長